ほうれい線が出来る原因と対策、美容外科で治療を行う時の流れを解説

ウーマン

しわの種類

しわにはいくつか種類があります。乾燥が原因とされている乾燥じわや、よく使う部分に形がついてしまう表情じわ、年齢と共に肌がたるんできて出来てしまうたるみじわなどがあります。それぞれに特徴がありますが、普段”しわ”といって想像するのは、筋肉の動きによってできてしまう表情じわのことを指していることが多いです。

年と共に気になるほうれい線

ほうれい線はほかのしわに比べて比較的できやすいしわのひとつです。ほうれい線が出来る原因として考えられるのは、筋肉が衰えてくると、顔が下垂することが挙げられます。他にも顔の骨の老化や脂肪が減少したことによりできやすくなっているなど、さまざまな要因が重なって出来ていると言えるでしょう。

自分で出来るしわ・たるみ対策

しわを予防することは、普段の生活から行うことが出来ます。肌に大きなダメージを与える紫外線は、シミだけではなくしわの原因にもなります。また、生活習慣を整え、肌に潤いを保ち乾燥を防ぎましょう。時間は掛かりますが、しわの原因を作らないために大事なことです。すぐに効果が欲しい方はヒアルロン酸注入やサーマクールなど簡単な美容整形をおすすめします。

美容外科診療の流れ

1.問い合わせ

利用する美容外科を探して問い合わせをします。探すときには、受ける予定の治療から探すと見つけやすいでしょう。ヒアルロン酸注入などは比較的多くの美容外科で行われています。問い合わせをする時に、予約も行うので診療する日を決めておきましょう。

2.診察

予約した日になると、美容外科へ行き診察してもらいます。治療を受けてどう変わりたいのか、どうなりたいのかなどの目的を医師と必ず共有しましょう。目的や肌の状態などによって行う治療内容を医師が提案します。治療内容を理解出来たら治療計画を立てていきます。医師と一緒に、治療の期間や費用などを話し合って決めましょう。

3.同意書の作成

治療計画を立てたら、次は同意書の記入になります。治療のメリットやデメリット、費用などに納得出来てから同意書にサインしましょう。不明な点が残ったまま同意してはいけません。後々トラブルの原因となってしまうので、気をつけましょう。

4.治療

早い場合は、当日に治療することができます。後日にすることも可能です。たるみやしわの治療にはさまざまな種類がありますが、早いものだと治療自体は15分程度で終わることもあります。メスを使わない治療は大体1時間以内には終わるでしょう。

5.治療後

治療が終わった後に、何らかの異常や医師から伝えられていない変化があった場合は、医師へ連絡しましょう。メスを使わない治療であればそこまで顔が腫れることもないでしょう。メスを使う場合は腫れが出てしまうので、マスクや帽子をして帰る方が多いので、気になる方は持参しましょう。

ほうれい線に効く治療の比較

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、ほうれい線の部分にヒアルロン酸を注入して、皮膚を持ち上げてさせます。そうすることにより、溝がなくなるという効果が得られるでしょう。注入時に少し痛みはあります。ですが、麻酔を使用するので、耐えられない痛みではありません。

スレッドリフト

スレッドリフトは、肌の中に特殊な糸を入れ、反発力などにより肌を持ち上げリフトアップさせる治療です。糸はメスを使わずに入れることが出来ます。これまでの糸は、引きつったように不自然な表情になることがありました。ですが、最新の糸は筋肉に合わせて動くことが出来るので、違和感のある表情になる心配はありません。

[PR]肌のたるみはサーマクール治療で改善☆
施術の特徴を要チェック!

[PR]しわやたるみの悩みを改善
人気クリニックを厳選特集☆

[PR]ほうれい線の対策方法をリサーチ☆
若々しい見た目を手に入れよう

[PR]サーマクール治療なら専門医院で受けよう
顔のたるみが改善可能♪

[PR]フォトフェイシャルを東京で希望
利用状況を調べておこう

広告募集中